ミツカルが長崎創業プロジェクト事業の認定を頂きました。

9月16日(木)長崎市役所にて長崎創業プロジェクト事業の認定式がありました。
長崎市長の田上市長よりミツカル運営会社代表の株式会社PAL FLAGsの宮川智慧が認定書を授与頂きました。

長崎創業プロジェクト事業制度とは?
長崎市の人口減少の克服と地方創生を目的とした「長崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の推進にあたっては、産業界、教育機関、行政機関、金融機関、労働団体、メディア等の各団体や市民など、「まちづくりの様々な担い手」のみなさんが当事者意識を持って、オール長崎市で取組みを進める必要があります。
このため、人口減少の克服、長崎創生に取り組むための機運の醸成及び自主的・主体的な取組みの促進を図るため、長崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略に適合した「まちづくりの様々な担い手」のみなさんの取組みを認定する制度を創設しました。
*長崎市ホームページより引用

(右)田上市長 (左)宮川智慧

運営会社代表の宮川は直接、田上市長に就活サイト「ミツカル 」のシステムや今後のビジョンをお話をいたしました。長崎が抱える人口流出の問題は非常に深刻ですが長崎だけでなく地方が共通して抱えている課題です。若者の雇用が増えるには企業の魅力を上手に若者に発信する必要があります。ミツカルは中小企業のPRコンテンツとしてただのマッチングサイトではなく地方創生に繋がるツールとして今後、成長させていきますと市長にお伝えをいたしました。

ミツカルは2021年7月にリリースをしたばかりですのでまだまだ学生や企業様の登録数が十分ではありません。しかし、学生が開発をしたこの就活サイト「ミツカル 」は競合他社とは全く違った目線で独自のコンテンツをこれからも増やしていき、学生に「面白い」と思えるサイトにしていきます。

全国の学生と企業がミツカルでマッチングして頂き、地方に若者の人口が増えることを目標に認定を頂いたサービスとして恥じないサービスにしていきます。

今後とも宜しくお願い致します。